竹内トモローです。ギター唄い弾きをしています。 「美ファ空しばり」と言う名でひばりソングを歌ったり「ただとも」(キャンディーズトリビュートアコースティックユニット)としてもライブ活動展開中!


by ketch_live

付けて外してまた付けて

c0091590_22231829.jpg

このギター、トーンウッドギター工房で作られた、クレセントムーンのフラメンコです。
このギターのピックアップを乗せ替えました。
3回目です。
最初に付けたのは、L.R.BaggsのiBEAMでした。
しかし、まあまあ生音っぽい音がしたのですが、大きな会場で演奏することもほとんどないし、
配線がごちゃごちゃしてるのも嫌だったので、
外してしまっていたのでした。

ところが先日、ボトムライン名古屋で演奏することがあり、
やはりピックアップが要るだろうということで、
こんどはFISHMAN のSBT-Eを付けてみました。
c0091590_22354084.jpg

このコンタクトピエゾというやつは、取り付け位置が自由なんです。
そして、その取り付け位置によって、かなり音質が変わるようです。
貼っては鳴らし、貼っては鳴らしの根気がないので、
メーカー推奨のブリッジ高音側のやや下に貼りました。

で、音はどうだったかというと、
高音がすごく出過ぎてイコライザーが手放せませんでした。
ハイをカットしてローを持ち上げてちょうどいい感じ。
ピックアップの貼り付け位置を完全に間違えてる感じです。
ものすごく素直に音を拾っているようなので、
ベストな貼り付け位置を見つければナチュラルで良い音がすると思います。
また、パッシブなのに、けっこう出力もある。配線もシンプル。
きっとブリッジ下がバランスよく鳴ってくれるんじゃないかと思う。

それなら貼り直そうとも思ったのですが、元々ブリッジ下に貼り付けることになっている、LR BaggsのiBeamが良いのでは?値段も高いし!
と思い、再びiBeamを付けたのでした。
c0091590_22395983.jpg

改めて音を確かめてみたら、おお、これはいいんじゃないの。
イコライザーなしで何とか行ける。
ただ、ちょっと遠くで鳴ってる感じ。
アタック感が足りない。
少し厚目の両面テープを使ったせいか?
しかし、これはL.R.Baggs Para Accoustic DIを通したら、瞬時に解消された。
この両面テープは貼りつけてから一週間くらいすると容易に剥がせなくなる超強力タイプ。
テープに付いている特殊なのりが乾燥するのだろうか?
そうなったらまた音も変わるかもしれない。
しばらくはまたこれでやってみようと思います。

とりあえず不要となったSBT Eはカホンに付けてみようと思います。
それこそ、貼り付け位置に迷うなあ。
[PR]
by ketch_live | 2009-12-02 22:49 | Guitars