竹内トモローです。ギター唄い弾きをしています。 「美ファ空しばり」と言う名でひばりソングを歌ったり「ただとも」(キャンディーズトリビュートアコースティックユニット)としてもライブ活動展開中!


by ketch_live

カテゴリ:Guitars( 15 )

スチール弦からナイロン弦に持ち換える場合、ネックの太さの違いより、右手のタッチの違いの方が重要。
強く弾きがちになってしまう。

また、ベストな爪の長さも違うから難しい。
そして何より自分の場合、スチール弦を弾くと人差し指の爪がギザギザになってしまう。

こうなると、次にナイロン弦を弾いた場合、ペラペラな音になってしまう。



昨日のライブはそんな音でした。( ̄~ ̄)ξ



この1ヶ月くらい、Guild が修理から戻ってきたので、スチール弦ばかり弾いていた。
どうやら、フラットピックを持った時、人差し指の爪が弦に当たるようだ。

自分は人差し指を軽く曲げ、親指は伸ばした状態でピックの真ん中よりやや上をつまんでいる。

人差し指をぎゅっと折りたたんだ状態で持てば爪が弦に当たることはないと思い、やってみることはあるのだが、いつの間にか伸びた状態に戻ってしまっている。
フラットピックって、どんな持ち方が正しいのだろう?

たまに、爪をまったく使わなくて指先の肉だけで弾いている人がいるが、
指先の形が人それぞれだし、爪の形も厚さも違うからその人に合ったやり方があるのだろう。
フラットピックの持ち方も人それぞれなんだろう。
[PR]
by ketch_live | 2011-12-19 18:54 | Guitars

K.Yairi CE‐1

c0091590_19362789.jpg

c0091590_19362727.jpg

この、重量のありそうなピックアップを外したら少しは音が良くなるかな~。
で、別のピックアップ付けてみよか。
音量はあるけど、音質がねぇ…。
あくまで生音判断で。
[PR]
by ketch_live | 2011-10-03 19:36 | Guitars
今回のきまぐれライブで、サイモン&ガーファンクルの
「フランク・ロイド・ライトに捧げる歌」をやりました。

間奏のフルート部分を事前にゲジさんにハーモニカでお願いしてありました。

しかし、ここで問題が発生しました。

僕とゲジさんのキーが違っていたのです。
当日のリハで気づきました。

ゲジさんはレコードオリジナルバージョンのフルートをコピー、
僕はライブバージョンのギターをコピーしてしまっていました。

どうやら、オリジナルバージョンのギターは半音下げチューニングだったようです。

問題が発生というほどのことではなかったのですが、
長年、ポール・サイモンのギターコピーをやってきたのに、
初めて知った事実に衝撃を受けたと同時に、
新しい発見があって嬉しかった。

〇ンコーミュージックのコピー譜を見たことがあるのですが、
転調するごとにカポをつけなさい!と書いてあるので、
そんなバカな話があるかよ!って思って、ちっとも信用してなかったから、詳しく見てもいなかった。
ひょっとしたら、半音下げだよ~って書いてあったかも。

でも、ひょっとしたら本当に転調でカポを使っているかも…だったらどうやるんだ?と真相を確かめるためにも
ライブバージョンをコピーしてみました。
まさか、ライブで瞬時にカポをつけているのか?!
~なわけないでしょ(笑)

CM7の時に2弦4フレット、Gの時に3弦3フレットを押さえて半音がぶつかり合う
気持ちいい部分があるのですが、
転調して半音上がっちゃったら、この気持ちいい部分はどうやるんだろうと思ってたら、
意外にも簡単だったのでした。

D♭M7では1弦を、A♭では2弦をそれぞれ解放にすればよかったのでした。

ポール・サイモンさんはこれを発見した時は「よっしゃーっ!!」
って思ったんだと思います。
それにしても、これを曲の中にうまく取り入れるとはさすがです。

ゲジさんはこのフランク・ロイド・ライトに捧げる歌を初めて聴いたそうで、
最初はキーもよくわからなくて変な曲だなぁと思ったそうです。
でも何回も聴くうちに、いい曲だなぁと思ったそうです。そのことを聞いて、S&Gファンの僕は嬉しくなったのでした。

ゲジさんはフルート部分をクロマチックハーモニカを使って、うまく再現してくれました。
しびれました。

それにしてもこの曲、歌うのは非常~~~に難しいのだ。
[PR]
by ketch_live | 2011-09-12 20:25 | Guitars

Guild F-30 NT 1965年



Paul Simonファンなら、このギターを持つべき。
そして、クリック→こちらへどうぞ。
あと6日ですよ。
[PR]
by ketch_live | 2011-08-07 17:17 | Guitars
c0091590_15201950.jpg

買ってしまいました。
落札ってやつです。
ネックまっすぐ。これ、良いんじゃな〜いヽ(゚∀゚)ノ
[PR]
by ketch_live | 2011-07-31 15:23 | Guitars

穴開けてもらった

Martin、OOO-18にピックアップ(L.R.Baggs iBeam)を付けました。
c0091590_22441644.jpg

エンドピンの所に穴をあける必要があるため、木工家の友人に依頼。
自分でも少しだけお手伝いしながらトンネルを開通させました。
c0091590_2251122.jpg

穴さえ開けばこっちのもんだいっ。
あとはプリアンプをネジネジしてピエゾを両面テープでペタペタするだけで完成。
ちゃんと音が鳴りました。
原音に忠実というか、マイクをサウンドホールに突っ込んだような音です。

今回、穴開け加工をしてくれたのは“木のもの” 楽木屋 南部和幸さんです。
いろんな“木のもの”を作っていますよ。
[PR]
by ketch_live | 2010-07-24 23:09 | Guitars

Paul Simon's Ovation???

c0091590_2143361.jpg

昨日、とあるギター屋さんにて、ついに発見!
ポールサイモンのオベーション!
1981年のセントラルパークコンサートで弾いていたオベーション!
の、同モデルか!?
指板のインレイ、サドルの彫刻など、そっくりではないか!
また余分な出費がかさむなぁ〜と思いながら、試奏させて下さいと店員さんにお願いして
いざ、試し弾き。
弦高が低くて、弾きやすい。
しかし、よく見るとネックがうねっている。
高音側の14フレットより上が波打っている。
それにトップ板の2カ所のクラック。
これではせっかくのポールサイモン気分が損なわれる。
ということで今回はパスすることにした。
c0091590_21504021.jpg

これが本物らしき写真。
こちらのサイトから引用しました。http://www.forbes.com/2001/09/19/0919pow.html
[PR]
by ketch_live | 2010-04-12 21:54 | Guitars

付けて外してまた付けて

c0091590_22231829.jpg

このギター、トーンウッドギター工房で作られた、クレセントムーンのフラメンコです。
このギターのピックアップを乗せ替えました。
3回目です。
最初に付けたのは、L.R.BaggsのiBEAMでした。
しかし、まあまあ生音っぽい音がしたのですが、大きな会場で演奏することもほとんどないし、
配線がごちゃごちゃしてるのも嫌だったので、
外してしまっていたのでした。

ところが先日、ボトムライン名古屋で演奏することがあり、
やはりピックアップが要るだろうということで、
こんどはFISHMAN のSBT-Eを付けてみました。
c0091590_22354084.jpg

このコンタクトピエゾというやつは、取り付け位置が自由なんです。
そして、その取り付け位置によって、かなり音質が変わるようです。
貼っては鳴らし、貼っては鳴らしの根気がないので、
メーカー推奨のブリッジ高音側のやや下に貼りました。

で、音はどうだったかというと、
高音がすごく出過ぎてイコライザーが手放せませんでした。
ハイをカットしてローを持ち上げてちょうどいい感じ。
ピックアップの貼り付け位置を完全に間違えてる感じです。
ものすごく素直に音を拾っているようなので、
ベストな貼り付け位置を見つければナチュラルで良い音がすると思います。
また、パッシブなのに、けっこう出力もある。配線もシンプル。
きっとブリッジ下がバランスよく鳴ってくれるんじゃないかと思う。

それなら貼り直そうとも思ったのですが、元々ブリッジ下に貼り付けることになっている、LR BaggsのiBeamが良いのでは?値段も高いし!
と思い、再びiBeamを付けたのでした。
c0091590_22395983.jpg

改めて音を確かめてみたら、おお、これはいいんじゃないの。
イコライザーなしで何とか行ける。
ただ、ちょっと遠くで鳴ってる感じ。
アタック感が足りない。
少し厚目の両面テープを使ったせいか?
しかし、これはL.R.Baggs Para Accoustic DIを通したら、瞬時に解消された。
この両面テープは貼りつけてから一週間くらいすると容易に剥がせなくなる超強力タイプ。
テープに付いている特殊なのりが乾燥するのだろうか?
そうなったらまた音も変わるかもしれない。
しばらくはまたこれでやってみようと思います。

とりあえず不要となったSBT Eはカホンに付けてみようと思います。
それこそ、貼り付け位置に迷うなあ。
[PR]
by ketch_live | 2009-12-02 22:49 | Guitars

ketch guitar shop

c0091590_21261990.jpg

      このギターが売れました。
      けっこういい音がしました。
      さようなら。
[PR]
by ketch_live | 2009-03-04 21:27 | Guitars
      この、1973年製のGuild F-30が旅立って行き、
c0091590_1947450.jpg

c0091590_19474415.jpg
 
      この、Gibson Chet Atkins CEが我が家にやってきました。
      ケースにでっかくGibson USAってプリントされていて
      ちょっと恥ずかしいぞ。
[PR]
by ketch_live | 2009-02-26 21:51 | Guitars